2007年9月14日金曜日

エチオピアの思い出3:食べ物についての考え方

 この国では、とにかく食べ物は大切に扱われる。食べ歩きなどもってのほかだ。「エチオピアは、過去に悲劇的な飢饉を経験したからだ」とサルワは言う。確かに!!この事実を知らされる前に、スナックを食べながら一人で歩いていたことがあった。すると、たちまち人々の視線を集めることとなった。指を指す子どもたち、冷たい視線を投げながら、ヒソヒソと話をしている女性たち――。食べ物に感謝をしなさい。こんなこと、学校でも家庭でも何度も言われてきたハズなのに、いつしか時間に追われる生活を送るようになっていた私は、何かをしながら簡単に食事を済ませてしまうことに慣れてしまい、このような当たり前のことすら忘れてしまっていた。

 また、食べ物は人と人を繋ぐ上で、非常に重要な役割を占めている。例えば食堂では、料理の運ばれた客が、近くに座っている、まだ届いていない見ず知らずの他人に対して料理を分け合おうとする光景が日常的に見受けられた。つい、顔を緩ませてしまうような瞬間である。また、誰かの家に食事に招待されるとする。すると、必ず何か食べるものをお土産に携えるのだ。その人の経済状況に合わせて何かを持ち寄り、それを皆で分け合う。家族同士であっても、親戚同士であっても友達同士であっても、それは同じなのだ。後に書くつもりではいるが、ハラールという街に旅行に行ったときのことである。サルワが、何やら果物とお菓子をどっさり買っているのを目にした。特に気にも留めなかったが、家に帰った日に、それらがすべて、家族へのお土産であったことに、強い衝撃を受けた。さらに、近所の人やら親戚の人のための分まであるではないか。それを皆でニコニコしながら分け合っている姿を見て、急に恥ずかしくなった。対する私は、彼女の家族はおろか、自分の家族にさえ、ほとんど何も買わなかった。この一年のアフリカ滞在中、どこかに旅に出たり、何かをするときのために節約しようという考えのもとであった。

 自分では元々、たくさんモノを買うタチの人間ではないと思っている。それよりも、目には見えない「経験」に投資する方が価値あるものだと信じているからだ。しかし、それは結局、自分のためだけにお金を使っているに過ぎない。結局、たとえ家族であっても、自分以外の他人のことはほんの少しも気にかけていないのだ。サルワが当たり前のようにしていたことは、彼女自身に直接的な利益をもたらすことはなくとも、周囲の人との繋がりを改めて実感・感謝することで、物質的豊かさとは別の豊かさを引き起こすのではないだろうか。エチオピアでは、どんなに貧しい人でも、明日に絶望し、生き残りを心配する必要はほとんどないという。周囲のコミュニティーの人が分け合い、助け合うからだ。現在の日本では、同じことが果たして起こり得るだろうか。

 食べ物の話題から少しそれてしまったが、今回、この国で食べ物という側面から多くのことに気付かされた。サルワは、「アッラーの教えに従ってるだけよ。ナツノにはナツノなりの価値観や考えがあってそうしているんだから、そんなに気にすることないわ。」と笑ってみせるが、イスラームの教えであるかとどうかいうことを超えて、こうした分け合いの概念は 全ての人間にとっても本質であるべきである。この高校生の足元にも及ばない私だが、少しでも彼女に近づきたいものだ。

0 件のコメント: